金輪山 泰山寺

こんりんざん たいさんじ
川の氾濫を鎮めた弘法大師伝説の残る寺院
四国八十八箇所霊場の56番札所となる寺院。弘法大師がこの地を訪れた最、梅雨の時期になると、毎年のように付近にある蒼社川が氾濫していた。大師はこれを防ぐため、村人たち集めて丈夫な堤防を築かせ、河原に壇を築き、土砂加持の法要を執り行った。そのとき大師は地蔵菩薩を刻んで本尊とし、寺院を建立したと伝えられている。弘法大師の手植えした「不忘(わすれず)の松」の切り株がある。
エリア
今治市周辺
カテゴリ
霊場
フォトツアーを見る
住所 愛媛県今治市小泉1-9-18
電話番号 0898-22-5959
営業時間 7:00~17:00
駐車場 あり 普通車30台/マイクロバス10台/大型車4台
駐車場代 無料