当山は行基菩薩の開基と伝えられる。弘法大師は、自他厄除のご誓願をこめられて、本尊厄除薬師如来を一刀三札して刻まれ、日本で唯一体の尊像といわれ、文治4年の火災の折、本尊は玉厨子山に飛び去って難をさけられ、後、再建され新しい本尊に入仏供養の折、又、飛び帰って後ろ向きに厨子に入る(俗に後向薬師という。)尊像は2体となったと伝えられる。
当時は、平城天皇以来、厄除根本道場の宮寺として、上下の尊信はきわめてあつく、参拝者も四季を通じて後を絶たず、寺宝も数多い。
エリア
徳島県南部
カテゴリ
霊場
寺社仏閣
フォトツアーを見る
住所 徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285−1
電話番号 0884-77-0023
アクセス JR牟岐線「日和佐駅」下車→約700m
徳島バス「薬王寺前」下車
第24番へ約72.1km[※JR(途中まで)・バス便有り]
徳島ICから車で約100分
駐車場 普通350台/マイクロ・大型10台
駐車場代 無料 
備考 ■宿坊:あり(予約専用電話:0884-77-1138)
■精進料理:事前予約制(1日20名まで)1人1800円 ※21名様以上の場合、ご相談ください。

このスポットから近い「道の駅」

このページを見ている人は、こんなページも見ています