四国ツーリズム創造機構について

(一社)四国ツーリズム創造機構は、「四国はひとつ」という認識と総合的な観光戦略のもと、四国の認知度向上や国内・海外観光客の誘客の促進、魅力ある観光地づくりなどの諸事業を、官民一体となって効果的かつ円滑に実施し、四国の観光産業の振興と経済の発展、地域の活性化や国際化に寄与することを目的とする団体です。

ごあいさつ

代表理事
代表理事 半井真司
四国ツーリズム創造機構は、2009年 7月31日に運輸機関や旅行会社、地域の自治体、経済団体や地元企業との総力で、「四国はひとつ」「民間組織力・知力・資金の活用」という理念のもと、観光産業の振興、地域の活性化を目的に、官民一体となった「オール四国の観光推進組織」として誕生いたしました。四国4県をはじめご賛同いただきました会員の皆様、地域の多くの方々のご支援ご協力により、四国の魅力を国内外に発信し、より多くのお客様が四国に訪れていただけるよう活動を進めております。
2018年12月25日に一般社団法人となり、2019年3月29日に「広域連携DMO」として登録をされました。そのような中、この度、これまで展開してきた戦略を更に深め、国内外での「四国(SHIKOKU)」の認知度向上などをコンセプトにした「第4次四国観光交流戦略」を策定いたしました。

2025年に開催される大阪万博という大きな機会等をきっかけとして、四国へのインバウンドを中心とした観光客を大幅に増大させるチャンスを活かしていくため、この3年間は非常に重要な時期となっております。四国内の観光コンテンツの磨き上げはもとより、受入環境の整備を、四国内の官民がこれまで以上に一体となって実施していく必要があります。
「四国はひとつ」、四国の観光に関わる皆様をはじめ、様々な分野の皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

四国観光交流戦略

ロゴマークとキャッチコピー

ロゴマーク

四国の形状と、人と人、心と心を結ぶ象徴である「水引」をモチーフに、一つに結ばれた四国を表現。結び目は、「解き放つ力」(4県がともに四国の魅力を創造し、発信していく力)と、「つなぎとめる力」(四国の魅力・可能性・発展性)を表しています。

キャッチコピー

どこにいっても幸せな気分になれる四国を、まるごと味わってほしいという思いがこめられています。 四国をひらがなで書くことと、くるりという言葉をつなげることによって、4つの県という印象を弱め、「四国はひとつ」というイメージに近づけました。

役員団体・企業

愛媛県、香川県、高知県、株式会社JTB、四国経済連合会、四国電力株式会社、四国旅客鉄道株式会社、全日本空輸株式会社、徳島県、日本航空株式会社、株式会社日本旅行 (50音順、令和元年5月15日現在)

協賛会員名簿

賛助会員名簿(50音順、令和元年5月15日現在)

定款

組織規程

組織体制図

事務所ご案内

〒760-0019
香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワータワー棟3階
TEL:087-813-0431 FAX:087-813-0312
E-mail:info@shikoku-tourism.com
URL:https://shikoku-tourism.com

アクセスマップ

タワー棟案内図

賛助会員募集ご案内

四国ツーリズム創造機構では、当機構の取り組みにご賛同いただき、事業に参画していただくことなどにより、観光振興の面から四国の地域活性化を共に目指していく賛助会員を募集しています。詳しくは事業推進本部(TEL:087-813-0431)にお問い合わせください。