2022四国アフターデスティネーションキャンペーン (2022.4.1~6.30)

デスティネーションキャンペーンとは、Destination(目的地)とCampaign(宣伝)を組み合わせた造語で、JRグループ6社と地方自治体、観光関係団体等が協力して実施する国内最大級の観光キャンペーンで、昨年10月から12月の3ヶ月間、秋の四国を楽しんでいただくべく実施いたしました。
改めて4月から6月の3ヶ月間には、春から初夏の四国を楽しんでいただくため、四国4県で様々な魅力とおもてなしを準備して、皆さまのお越しをお待ちいたしております。

テーマ

北は穏やかな瀬戸内海、南には雄大な太平洋、島の中央部には深く高い四国山地と、変化に富んだ自然に恵まれているのが「四国」です。その四国を「5つのくるり」でお楽しみいただけるよう、ご提案させていただきます。

  • 学くるり」(まなびくるり)
    四国の歴史と伝統文化を学ぶ
  • 観くるり」(ながめくるり)
    自然や景観を眺め、四国を深く感じる
  • 遊くるり」(あそびくるり)
    体験や遊びを心行くまで満喫する
  • 心くるり」(こころくるり)
    お遍路を通じて、心を癒す
  • 食くるり」(ぐるめくるり)
    四国ならではの食を堪能する

タイトル

日本全国から多くの方に四国へお越しいただき、四国内を周遊しながらお楽しみいただきたいという思いと、四国4県をぐるりとまわり、お越しいただいた皆様にしあわせがめぐってくる。そんな観光キャンペーンにしたいという思いもこめています。

サブタイトル

風(海を巡りくる潮風、山間や川面に吹くそよ風、サイクリングを通して全身で感じる涼風)、水(海や川の清く透き通る水、山間から浸み出る清水)、色(青い海や空と川、紅葉に染まる山間)など、四国ならではの魅力”自然美″を存分にご堪能いただきたいと思います。

ロゴマーク

光り輝く宝石にイメージを重ねた四国地図。四国観光の魅力を光のきらめきとして表しました。

その光の色 はブルー(徳島県:藍)、グリーン(香川県:オリーブ)、オレンジ(愛媛県:みかん)、レッド(高知県:南国の情熱)と各県をイメージしたカラーとしており、それらをグラデーションで表し、四国が一体となっていることを表現しています。

四国のまわりに放たれた光の環は、「しあわせぐるり、しこくるり。」を表現する8個の循環する円で、四国の代表的遺産である四国八十八ヶ所巡礼の意味も持たせた数字の「8」が連続するデザインとしています。

ロゴマーク

ご挨拶

2022年春から初夏(4月~6月)にかけては、四国の深山が新緑に彩られ、そこを流れる清流に映る景色は、とても言葉では表現できない景観で、活き活きとした息吹きと共に皆様をお迎えすることでしょう。

四国では、昨年10月~12月の秋季に四国デスティネーションキャンペーン「しあわせぐるり、しこくるり。」を展開しており、今回アフターデスティネーションキャンペーンとして、4月~6月の春から初夏にかけて改めて実施いたします。

この季節ならではの清らかな四国の“風”、“水”、“色”をお楽しみください。豊かな自然に満たされ日本の原風景を濃く残す四国で、お接待の心を持って皆様をお迎えさせていただきます。

一般社団法人 四国ツーリズム創造機構
代表理事 半井 真司

一般社団法人 四国ツーリズム創造機構 代表理事 半井 真司