紫雲出山

しうでやま
荘内半島には浦島伝説の地がいたるところにある。その一つである「紫雲出山」は浦島太郎が玉手箱を開け、出た白煙が紫色の雲になって山にたなびいたとして知られている。春には約1000本の桜、初夏にはアジサイ、四季折々の花が美しく山を彩る。山頂展望台からは、瀬戸内海の多島美が見渡せる。映画「きな子」のロケ地にもなった。
エリア
香川県西部
カテゴリ
山・谷・滝
フォトツアーを見る
住所 香川県三豊市詫間町大浜451-1(荘内半島)
電話番号 0875-84-7896(紫雲出山遺跡館)
アクセス JR詫間駅より車で40分
駐車場 80台

このスポットから近い「道の駅」

このページを見ている人は、こんなページも見ています