吉良川の町並み

きらがわのまちなみ
高知東部の建築文化を見るなら吉良川で
国の認定する伝統的建造物の保存地区に選定されている吉良川町は、蔵が立ち並び、日本の懐かしい町並みを今に残しています。この土地は台風が通りやすい場所であることから、風や雨から家を守るために、石で作られた外壁、屋根には「水切り瓦」など建築に対する工夫を見ることができます。静かな町並みは散歩にぴったりで、カフェもあります。
また、毎年約80の家に「雛人形」が大々的に飾られます。これはひなまつりにちなんで行われているもの。現在では全国的に町並みを使って雛人形を飾るところはありますが、この吉良川町が発祥の地だと言われています。
エリア
高知県東部
カテゴリ
文化
歴史
フォトツアーを見る
住所 高知県室戸市吉良川町
電話番号 0887-25-3670(吉良川町並み保存会)
アクセス 高知市から車で約105分
高知駅から約70分(快速利用)奈半利駅下車、高知東部交通バスで約20分。バス停「吉良川学校通」下車すぐ。

このスポットから近い「道の駅」

このページを見ている人は、こんなページも見ています