子どもも大人も楽しめるアンパンマン列車

  • ©︎やなせ・F・T・N

アンパンマンと仲間たちがお出迎え

四国には5種類のアンパンマン列車が走り、外観のデザインはもちろん、車内にも楽しい仕掛けがいっぱい!家族で乗りたいアンパンマン列車をご紹介。

路線ごとにデザイン様々!「アンパンマン列車」

毎日運転する3種類のアンパンマン列車をピックアップ
予讃線で2種類、土讃線で1種類、毎日走るアンパンマン列車はそれぞれ異なるデザインが楽しめる。予讃線の岡山・高松~松山間を走る「8000系 アンパンマン列車」は外観やシートに虹が描かれカラフルなデザイン。トイレや洗面台にもアンパンマンや仲間たちのイラストが描かれ可愛い空間に。松山~宇和島間を走る「宇和海 アンパンマン列車」は外観にアンパンマンとばいきんまんの大きな顔が描かれているので、乗車前にぜひ記念撮影を。岡山~高知~中村・宿毛間を走る「土讃線 アンパンマン列車」は、パン工場をイメージしたアンパンマンシートが人気。

靴を脱いで車内で遊ぼう「ゆうゆうアンパンマンカー」

子どもたちが安心して遊べるプレイルームは必見!
靴を脱いで遊べるプレイルームを備えたアンパンマン列車。プレイルームにはクッション素材が敷かれており、小さな子どもでも安心して遊ぶことができる。森をイメージした指定席には、アンパンマンのイラストがあちらこちらに!車内にはアンパンマンの作者、やなせたかしさんのサインや直筆のイラストも。ゆうゆうアンパンマンカーの外観にはアンパンマンと仲間たちの笑顔がたくさん描かれている。

多島美を列車から望む「瀬戸大橋 アンパンマントロッコ」

いたるところにアンパンマンが!潮風を感じる列車旅へ
JR岡山駅~JR琴平駅、JR岡山駅~JR高松駅を結び、座席車両とトロッコ車両の2両で編成。トロッコ車両には窓ガラスがなく、透明のアクリル板が一部に貼られているだけの開放的な空間が魅力だ。瀬戸大橋を渡りながら、潮風を感じる迫力体験が列車旅のハイライト。床の一部は透明のガラス張りになっているので、瀬戸内海を真上から眺めるという特別な体験も。さらに車内には木のベンチや記念撮影コーナー、アンパンマンの絵本が並ぶ本棚など、乗車中も楽しめる仕掛けがいっぱい!アンパンマンのお弁当も車内で販売(予約制)しているので、列車旅のお供にピッタリ。子どもはもちろん大人も楽しめる、家族で乗車したい観光列車だ。

お得で便利なきっぷ情報

お得で便利なきっぷ情報

四国で列車旅をするなら、ぜひこちらのきっぷを活用しよう!

●四国フリーきっぷ(
https://www.jr-eki.com/ticket/brand/1-3V6
瀬戸大橋線宇多津駅~児島駅を含むJR四国全線の特急列車・普通列車の普通自由席と、土佐くろしお鉄道線(窪川駅~若井駅間)の普通列車の普通車自由席を3日間何度でも利用できる。3日間有効で16440円。
●週末乗り放題きっぷ(https://www.jr-eki.com/ticket/brand/1-3VQ
土・日曜、祝日などの休日限定で、上記の列車・区間を1日自由に乗り降りできる。1日間有効で10460円。
●ことでん・JRくるり〜んきっぷ(https://www.jr-eki.com/ticket/brand/1-5EG
JR四国線(志度駅~高松駅~琴平駅間)の快速・普通列車の普通自由席と、ことでん全線が乗り降り自由に。1日間有効で2000円。