樺崎砲台跡

かばさきほうだいあと
黒船から守るため築かれた砲台
宇和島湾を外国船から守るために築造された砲台の跡地。築造するため山を切り拓いて、石や土砂を運び海を埋めて、安政2年(1855)3月から10ヶ月の歳月をかけ、台場を築く難工事が行われた。「三十六ポンドカノン砲」と呼ばれる大砲が5門設置され、オランダ流砲術を取り入れた洋式砲台築造であった。宇和島藩が西洋の築造法を取り入れ造った物の一つとして、今も貴重な史跡文化財となっている。
エリア
宇和島市周辺
カテゴリ
文化財・史跡
フォトツアーを見る
住所 愛媛県宇和島市住吉町2丁目
電話番号 0895-24-1111(宇和島市役所)
料金 無料
駐車場 あり(宇和島市立歴史資料館) 4台
駐車場代 無料
備考