妖怪美術館

ようかいびじゅつかん
明治時代からの呉服屋の蔵や元醤油屋の倉庫など古い建物を活かした、妖怪をテーマにした世界で唯一のアートミュージアムです。
昔なじみの妖怪から現代に生まれ続ける妖怪まで、その造形作品の収蔵点数は800点以上!昭和の趣きが残る怪しげな路地が入り組んだ「迷路のまち」に点在する5館をオーディオガイドを聴きながら歩いて回る、ちょっとスリリングな体験型の美術館です。
妖怪の起源は平安末期とも言われていますが、江戸時代にはいろいろな妖怪が登場し、それはエンターテイメントに進化しました。
この美術館には、日本全国の妖怪造形作家や愛好家が創造した、オリジナリティとユーモアにあふれた現代の妖怪たちのほか、台湾のアーティストの作品もあります。妖怪の起源から江戸時代に娯楽として楽しまれた妖怪、最近小豆島に住みついたという高さ4mに及ぶドデカ妖怪の他、真っ暗な部屋の中で寝転ぶと天井に見えてくる妖怪もいます。
目に見えないはずの妖怪を、ぜひあなたの目で確かめてください。
エリア
小豆島
カテゴリ
観光施設
フォトツアーを見る
住所 〒761-4106 香川県小豆島郡土庄町甲405
電話番号 0879-62-0221(妖怪美術館)
営業時間 10:00~18:00(受付は17:00まで)
18:00~21:00(受付は20:00まで)
※妖怪ナイトツアーは毎週金曜日・土曜日開催(要事前予約・定員になり次第締切)
休業日 水曜日(祝日は営業)
料金 ■妖怪美術館全5館入館料
大人2,900円、中高生1,450円

■naoki onogawa museum入館料
大人1,500円、中高生800円 

■上記両館共通入館料
大人3,500円、中高生1,750円 

※小学生以下無料(要保護者同伴)
アクセス 【徒歩】
・土庄港より 約15分
・エンジェルロードより 約7分

【バス】
・土庄本町バス停下車 徒歩1分 
・土庄港から 約5分
・池田港から 約15分
・草壁港から 約28分
・大部港から 約30分
・坂手港から 約35分
・福田港から 約50分
駐車場 普通車20台 
大型バス(土庄町役場駐車場)3台